被災地ボラ・時田町長後援会総会・綱引準備・審判歓迎

5時起床、5時半女房殿と一緒に自宅出発。民主党山形県連の被災地ボランティア活動のため宮城県東松島市に移動。

9時半、東松島市大曲市民センターに到着。本当に気持ちがよい晴天に恵まれ、震災後初めての市民まつりが始まりました。最初は新たなまちづくり計画について、東松島市当局から計画の説明が行われました。そして、市民の皆様方から多くのご意見が出され、中々先が見えない不安なお心が、伝わってくる切実なご意見を拝聴いたしました。

10時半過ぎからは、山形市で障がいを持つ方々と玉こんを販売するNPO法人「こんにゃく道場」の皆さんと一緒に、山形名物玉こんにゃくの炊き出しサービスを行ないました。行動を共にさせて頂いております山形大学人文学部震災ボランティアサークルの皆様方は、蔵王そばを宣伝する仲間の方々と、山形のそばを炊き出しサービス、500名分準備したものが、12時頃には全てなくなるほど喜んで頂きました。13時過ぎには帰路につきました。

民主党県連として東松島市大曲市民まつりにボランティア参加
民主党県連として東松島市大曲市民まつりにボランティア参加

 

 女房殿は元気卵のサービスで笑顔をふりまいていました
 女房殿は元気卵のサービスで笑顔をふりまいていました

17時過ぎ、遊佐町時田町長後援会総会に少し遅れて出席。和嶋衆議院議員、県議会議員5名など多くの来賓に混じって、私くしも挨拶の機会を頂戴致しました。次の予定のため乾杯の後中座。酒田市国体記念体育館に移動。明日開催の「第20回庄内オープン綱引大会」準備を進めるスタッフに御礼のご挨拶を申し上げました。

19時半過ぎ、酒田市内山居倉庫近くのお店で、東北各地から駆けつけて下さった綱引大会審判員の皆様方の懇親会にご挨拶申し上げました。こうしたご協力がなければ20年と言う積み重ねはなかったものと思います。心から感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください